« アパッチ砦の攻防 | トップページ | 新・幕末純情伝 »

2011/09/24

わらいのまち

作・演出   宅間孝行
出演      宅間孝行
         片桐仁
         岡田義徳
         西村直人
         金子さやか
         櫻井章喜
         弓削智久
         渋谷飛鳥
         松岡依都美
         伊藤高史
         佑希梨奈
         小谷早弥花
         菊池優
         田端智子
         柴田理恵
シアタークリエ
Photo
                                             
古いたたずまいの旅館。
三兄弟の三男の信雄が番頭、次男の将雄が板場の長を
している。
仲居はくにゑと真知子の二人。
信雄は町興しとしてお笑いイベントを企画していた。
そのイベントが明日となった日。
旅館にはイベント会社に勤務する小百合とあかねが
取材の為泊まりにやってくる。
そして国会議員の大関が宿泊しにやってくる予定だった。
大関はイベントを見て納得のいくものだったら
町に予算を増やそうと考えているという。
寺の住職が思わぬ情報を持ち込んで来る。
三兄弟の長男の富雄が町に戻って来ているのを
見かけた者がいるという。
富雄は町の厄介者で信雄と将雄も富雄の
行動には困り果てていた。
その富雄が町に戻っていると聞かされた信雄は
富雄がイベントをめちゃくちゃにするのではと
危惧する。
その富雄が旅館に帰って来る。
信雄と将雄は富雄を旅館から追い出そうとするが
うまくいかない。
信雄が国会議員を迎えに行って留守の時
二人の男性がやってくる。
若い男から先生と呼ばれ恰幅の良い男を見て
将雄とくにゑは国会議員と勘違いし丁重に扱う。
そんな所に本物の国会議員の大関が秘書の神村と
やってくる。
くにゑは予約の無い客と思いぞんざいに扱う。
やがて信雄が戻り事の誤りが発覚する。
                                  
                                     
そんなお話。
                                 
                                     
シアタークリエです。
セレソンもついにシアタークリエで舞台を
行うようになったんですね。
さて、お話の内容は『男はつらいよ』のような
お話。
鬱陶しがられている長男が戻って来て
知り合った女性に一目惚れし、
最後は失恋してしまう。
富雄がそんな役でした。
                                
今日は東京の楽日ということで
宅間さんの音頭で出演者紹介と
柴田理恵さんの挨拶でお開きと
なりました。

|

« アパッチ砦の攻防 | トップページ | 新・幕末純情伝 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わらいのまち:

« アパッチ砦の攻防 | トップページ | 新・幕末純情伝 »