« 孤独のグルメ Season2 | トップページ | 純と愛 第13週「きせきのくりすます」 »

2012/12/23

TOPDOG/UNDERDOG

作        スーザン=ロリ・パークス
翻訳・演出  小川絵梨子
出演      堤真一
        千葉哲也
シアタートラム
Topdog
                                                
部屋の中でブースがトランプを使ったギャンブルをしている。
そこに顔を白く塗ったリンカーンが帰って来る。
二人は兄弟で兄がリンカーンで弟がブース。
二人は両親に捨てられて二人で暮らしている。
と言うよりリンカーンがブースの部屋に
住み着いてしまったらしい。
しかし仕事で金を稼いでくるのはリンカーンで
ブースはリンカーンの金を宛てにして生活していた。
リンカーンは過去にトランプを使ったギャンブルで
金を稼いでいたが仲間が殺されたことで
足を洗っていた。
その兄がやっていたギャンブルを自分も
リンカーンと組んでやろうとするブースだったが
リンカーンは頭を縦にふらなかった。
そんなある日、リンカーンは仕事を首になってしまう。
この度こそブースはギャンブルをするだろうと
誘うがそれでもリンカーンは断る。
呆れたブースはリンカーンの元妻と寝た事を
しゃべってしまう。
そしてリンカーンはついにギャンブルを始めてしまう。
                                
そんなお話。
                             
                                   
久しぶりに観劇してきました。
何ヶ月ぶりだろう?
チケットはあるのに仕事が忙しくて
見に行けない月日でした。
さて、このお芝居は堤さんと千葉さんの二人芝居。
男兄弟の話なので卑猥な言葉も出てきます。
「マグナムだぞ。ビッグ用だぞ」
とかブースが女性のヌード写真を持って
ベッドで自慰するシーンとか。
あのシーンは女性に理解出来たのでしょうか。
                              
途中でリンカーンがブースが拳銃を所持している事を
非難するシーンがあってそれからブースが
拳銃を腰にしているシーンを何度も見せられたので
拳銃が何か絡むとは思っていたのですが。
                              
   

|

« 孤独のグルメ Season2 | トップページ | 純と愛 第13週「きせきのくりすます」 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80021/56378455

この記事へのトラックバック一覧です: TOPDOG/UNDERDOG:

« 孤独のグルメ Season2 | トップページ | 純と愛 第13週「きせきのくりすます」 »